スピルリナ摂取でコレステロールの減少が期待できる

スピルリナ摂取でコレステロールの減少が期待できる
スピルリナ効果で、もっといきいき
> スピルリナ関連記事 > スピルリナ摂取でコレステロールの減少が期待できる

スピルリナ摂取でコレステロールの減少が期待できる

コレステロールが高いと何が悪いのか

コレステロール
コレステロールは、細胞やホルモンの原料になります。

そのため、生命維持には欠かせない物質なのですが、最近ではコレステロール値が高いと生活習慣病のリスクが高まってしまうのでよくないというイメージが先行しています。

コレステロールには、LDL(悪玉)とHDL(善玉)があります。

体によくないのは血管が傷ついたときに肝臓から分泌されて血管に付着するLDL(悪玉)です。

一方、全身から肝臓に戻るHDL(善玉)は体に悪さはしません。

ですから、LDLが多少高くてもHDLが高ければ問題ないとも言われています。

つまり体に良くないHDLのみを下げれば良いということです。

この減少に役立つのがスピルリナという藻の一種です。

スピルリナの摂取が健康に良いとされる理由

スピルリナ 文字
スピルリナは炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素をバランスよく含んでおり、健康維持に役立ちます。

なかでも、βカロテンは抗酸化作用が強い物質で、これにより血液をサラサラにしてLDLの減少に効果を発揮するとされています。

また、食物繊維、γ-リノレン酸、リノール酸を配合しているので、これも血液サラサラに効果を発揮すると言われています。

また、食物繊維も含まれているおかげで腸内環境が整うというメリットもあります。

食物繊維には便通を改善させたり、コレステロールを減少させる作用が期待できます。

スピルリナは食べ過ぎを防いでくれる

栄養バランスの偏った食事
食べ過ぎは血液中の脂質を多くする原因になります。

常に食べ過ぎている人は、正常な食欲がわからない状態になっていることも少なくありません。

いくら食べても満たされず、食べ続けて血液の中の脂質量が多くなってしまう可能性もあります。

体脂肪がつくのも厄介ですが、血液中の脂肪の量は傍目にはわからないので、かえって健康に大きな被害を与えることも少なくありません。

食前の1時間〜30分前に食べておくことで、食欲抑制効果を発揮してくれます。

研究実験でスピルリナの健康効果が明らかになっていく

治験
スピルリナの研究は世界各国でおこなわれています。

そして、さまざまな研究・実験により、体に良い影響を及ぼすという結果が示唆されています。

例えば、スピルリナを摂取すると、血圧と血中脂質が減少し、増えると動脈硬化や膵臓炎になりやすくなるトリアシルグリセロールとLDL減少する結果が出ています。

つまり、間接的に総コレステロールとHDLを改善する可能性がありのです。

これにより、高血圧予防効果と、高コレステロール血症予防、動脈硬化予防効果があることが示唆されました。

また、II型糖尿病患者にスピルリナサプリメントを1日2g 、2ヶ月間摂取して変化を見る実験では、血糖値と血中の総コレステロール、LDLが低下しました。

これによりスピルリナに糖尿病予防、コレステロール低下効果が示唆されています。

これからもっとスピルリナの研究が進み、さまざまな健康効果が発見されていくでしょう。

健康のためには毎日摂取することがポイント

笑顔 公園
スピルリナは、毎日摂取することが大切です。

消化吸収がよく、2時間で約95%消化されると言われています。

また、グリコーゲンを含んでいるのですぐにエネルギー源になって元気を与えてくれます。

血液がサラサラになれば、体の調子が良くなって動きやすくなり、運動量が増えてさらにLDLを下げる効果が期待できます。

生活習慣病予防は、毎日続けられることを見つけることが大切です。

スピルリナはサプリメントや粉末になっている製品が販売されているので、使いやすいものを見つけて継続摂取するように心がけましょう。

⇒スピルリナのおすすめサプリメントはこちらからチェック!

今話題のスピルリナとは
スピルリナ関連記事
ページトップへ
Copyright © スピルリナ研究ラボ All rights reserved.